2話のネタバレ

<神の乳母2話のネタバレです>

 

異形の赤ちゃんにはへその緒みたいな物が付いていて長くて男性の性器のようです。

するとへその緒は伸び、動き動き始めます。

 

へその緒は百合恵の下半身まで伸びてアソコに到達します。

そして下着の中に入っていくと、先端部分でアソコをいじりだしました。

 

それだけは許して!!

 

すると、へその緒は彼女の性器の中に入り込んでいきました。

奥へ奥へと入っていき、旦那のモノでさえ届かない場所に到達します。

 

体は正直で、気持ちよさから子宮のなかから体液があふれ出ます。

へその緒はそれを待っていたかのように吸いはじめました。

 

その後、彼女は何度も刺激されるたびに絶頂し、指一つさえ動かせないくらいになっていた。

早く家に帰って旦那と子供の食事をしないと・・・

「お願もう許して・・・」

 

気が付いた時、いつの間にか神守が帰ってきていた。

 

「お願です・・・私を家に帰してください!」

「もちろんよ」

 

だが、帰す代わりに異形の赤ちゃんの乳母となり毎日ここに来ることを条件にした。

もしも、それを拒否すれば神様は貴女も家族も許してはくれないだろうと脅されます。

 

3話のネタバレ