4話のネタバレ

<神の乳母4話のネタバレです>

 

それからも、毎日異形の赤ちゃんの授乳を続ける百合恵。

 

ベビーシッターをしている時は、彼女は異形の為の餌のような存在でしかなかった。

しかし、ベビーシッターを終えて家に帰ればユウくんという子供の母親になれます。

彼女にとってはそれがとても幸せでした。

 

夕食を家族で楽しみ、寝る時間を迎えた頃。

百合恵は天井で何かが這っている音を聞き取った。

 

ズルズルと異形の赤ちゃんが這い歩く音だった・・・

 

その後寝静まってから、百合恵は何かの気配を感じ目を覚ましました。

 

「ユウくん?寝れないの?」

 

子供が起きてしまったのかと思い起き上がり、ふと窓を見ると少し空いています。

よく見ると、何と!!!

 

異形の赤ちゃんが窓に張り付いてこっちを見ていたのです!!!

 

異形の赤ちゃんは窓から侵入し、百合恵の元にまっすぐ寄ってくる。

 

恐怖で固まってしまう百合恵。

しかし、隣で眠ってる旦那に何か危害をくわえられてしまったら困るので、抵抗せずに彼女は自ら足を開いて受け入れました。

 

でも、それだけではありません。家族にバレるのも怖かったからです。

旦那の隣で膣を犯され、あふれ出そうな声をぐっとこらえる・・・

 

(お願あなた・・・起きないで・・・)

 

早く終わらせてほしかったけど、異形の赤ちゃんは、いつもよりも激しく責めずに、彼女がお願いするまで待っていた。

 

お願いします、もっと気持ちよくして・・・

 

すると赤ちゃんは普段のように激しくなり、百合恵は今までで一番の快感を得るのでした。

その時旦那が目を覚ました。

 

「ん?どうかしたかい百合恵?」

 

「起こしちゃった?なんでもないの、ただちょっと悪い夢を見ちゃっただけだから」

 

そして旦那にはバレる事はなかったのでした。

 

5話のネタバレ