5話のネタバレ

<神の乳母5話のネタバレです>

 

旦那の隣で犯されたあの夜から数日が過ぎた。

 

それからも毎日異形の赤ちゃんの元に通い続けている百合恵。

赤ちゃんもどんどん成長し、人間に近づいているようでした。

 

この頃から、百合恵の異形の赤ちゃんに対する感情が変わってきました。

以前は恐怖と嫌悪感を抱いていましたが、今は恐怖も感じる事もなく、愛おしい存在になっていきました。

そして、感情だけではなく体までも変化していた。

 

今まで母乳が出る事はなかったのだが、今は母乳さえ出るようになっていたのです。

今日も赤ちゃんの面倒を見ているが、そろそろ帰る時間になった。

 

でも異形の赤ちゃんは今日はしつこく彼女を求め、帰ろうと玄関に向かう百合恵の背中によじ登った。

 

「そんな駄々をこねたって・・・ダメなんだから」

 

彼女が拒絶しても赤ちゃんの勢いは止まらず、そのままへその緒を伸ばしアソコに挿入した!

ちょうどその時、インターホンが鳴った。

「ごめんください、こちらでお世話になっている杉山の夫ですが・・・」

なんと、旦那がやってきたのです!!

 

玄関のドア越しに、

「あなた・・・んっ・ど、どうかしたの??」

百合恵の帰りが遅く、旦那は心配して迎えに来たのでした。

 

異形には挿入されたままで、旦那と会話しているとさらに激しく出し入れしてくる・・・

そしてそのまま彼女は絶頂。

 

「ごめんなさい、あなた・・・まだ赤ちゃんが離してくれなくて・・・先に帰って、待っていてくれる?」

そう言い、先に旦那に帰ってもらったのでした。

 

それから数か月後、異形の赤ちゃんは人間よりも大きく成長していた。

 

>>6話のネタバレ