6話のネタバレ

<神の乳母6話のネタバレです>

 

数か月で人間の男性よりも大きな体に成長した異形の赤ちゃん。

体は丸々太っていて、顔は相変わらずみにくいまま・・・

 

ただ、以前は性器のような役割をしていたへその緒だったものは、形も人間のペニスのようになり股間についていたのだ。

そして今日は、成長した彼と本当のセックスをする日

 

百合恵はお尻を突き出すように四つん這いになって、成長した彼のペニスを求める!

 

「たくましいモノを私の中に入れて」

 

彼は、勃起している太くてたくましいペニスを彼女にズプンと挿入した!!

 

まだへその緒だった時と比べて、太く硬いペニスを挿入され百合恵も気持ちよさそうにあえぐ・・・

彼は腰を振りまくり出し入れすると、すぐに気持ちよくなり中出しした!

 

百合恵は彼に対する愛情や、息子に犯されているような背徳的な感情が入り交じり、とても幸福な気持ちでいっぱいだった。

 

射精した後、彼のペニスをしゃぶり綺麗にしてあげる百合恵。

そして、胸に挟んでパイズリまでも・・・

先端を舌で刺激され、胸でしごかれ気持ちよくなった異形はたちまち射精する!!

 

その精液を、彼女は必死になりきれいに飲み干した。

これで終わることはなく、その後も何度もセックスが続けられるのです・・・

 

>>最終回7話のネタバレ